ひと月前という事で、皆様に きちんとお話ししますね。

私、はら直美は、年内いっぱいで 瓶(ボトル)を退職し、
1~2年くらい近所のお店で働きながら、料理の勉強をさせてもらう事にしました。
いつか自分のお店を持ちたいという夢を叶える為に、一歩 踏み出します!

先に、社長に辞める意思を伝え、次の展開で悩んでいたところへ、
ありがたいお話しをいただき、それなら是非!と、転職を決めた次第です。

家庭料理が得意だと言っても、独学なので どこか自信が持てなかった。
イタリアン以外で、本格的に修行を積んだシェフの元で 少し勉強をしたかった。
独立という山は、高過ぎて どこから登れば良いのか、全くわからなかった。
そして何より、たくさんの常連さん達に 会えなくなってしまうのが淋しかったし、
まだ完全に 軌道に乗ったとは言えない瓶が とても気になっていた。

そこへ、
「暫くウチで働きながら 料理の勉強をして、それから独立したらどうかな?
半年でも 2~3年でも、直美ちゃんの希望通りで良い、
独立に関する知恵もあるし、サポートもしてあげられると思う。」
と。なんて懐の深い人なんだろうと感動しました。

すぐ近所なら、常連さん達に また会う事も出来る。
瓶の状況も知る事が出来るし、何かあれば お互いに、情報交換や 相談し合う事も可能。
私の願いは、みんなが幸せになれたら良い、という事。
瓶も 新しい職場も、お客様も 私や佐久間も・・みんながハッピーになれますように。
それは、転職先の方々の想いでもありました。

懐の深いオーナーさんに、素晴らしい腕のシェフ。
非力な私が、どこまで追いついていけるかわからないけど、
「大丈夫だよ、楽しく働こう!」という温かいお言葉に甘えて、
来年1月から、すぐ近所のお店で 働かせていただきます。

私に「会いたいな」と思って下さる方、私はすぐそばにいますよ!
でも、まずはとにかく、立飲みワイン酒場 瓶 を宜しくお願いします。
私の大切にしてきた場所・・ いつまでも続いて欲しい。
今 私は、たくさんの出逢いと笑顔に感謝しております。
これからも、お店と佐久間と、新しいスタッフを 愛していって下さい。

************************
HPの更新は、極力、佐久間がやろうとしていますが、
初めての経験で うまくいかない事も多いようです。
facebook のお店のページも、今は二つ存在していますが、
いずれ統合して、佐久間の管理するページを HPとリンクさせる予定でいますので、
もう暫くお待ち下さい。
************************

 

 

Dioの立ち上げから、12年近く・・
瓶に変わってからも、
まるで自分のお店だという意識で、日々の営業を 大切に大切にしてきました。
もちろん、お客様の事も、大切に大切に想ってきました。

どれだけ大切にしてきたか、
ブログ「直美の小部屋」を呼んでいただけば きっとご理解いただけると思います。
Dioでの日々、アルバイトの子達の「直美さんは第二のお母さん」という言葉。
昨年末、Dioを閉店した時に、社長と交わした握手。
歴代のスタッフ達が集まってくれるような、そんな温かい居場所だった。
お店の移転に際して、二人でどれだけ尽力したか、
どうやって瓶というお店が立ち上がったか。

社長・佐久間との、12年に渡る 二人三脚。
楽しい事はもちろん、苦しい時もありました。
そこそこ景気が良い時もあったし、リーマンショック、東日本大震災、人手不足、お店の移転・・
常に必死、常に真剣勝負。
ちょっと真面目に頑張り過ぎたかな・・

私は、のんびり屋さんの 佐久間のお尻を、叩いてばかりいました。
厳しい社員で ごめんなさい。
ずっと心配で 前に進めないでいたけど、私も 夢に向かって進ませていただきます。

時には心折れそうな私を、ながい間 支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。
皆様の笑顔があったからこそ、頑張ってこられました。
ここから年末まで、
残された時間を大切に、誠意を尽くして働きます。
佐久間と二人で働いている姿を、最後に見に来て下さいね!